【マイクラ1.16.3対応】1.14からの新たな前提MOD「Fabric」の導入方法とおすすめMOD

前提MODといえば有名なForgeがありますが、Minecraft 1.14以降に対応した前提MOD「Fabric」が登場しました。

この記事ではFabricの導入方法と、Fabricに対応しているおすすめのMODを4つご紹介していきます。

Fabricのポイント

導入方法はForgeとほぼ同じ

Modにもよりますが、ほとんどのModはForgeと同じ「mods」フォルダーに入れるだけで動作します。

最新バージョンにいち早く対応

もう一つは、Minecraftの最新バージョンやスナップショット・プレスリリース(次期大型アップデートのリリース前に配信される開発バージョン)にいち早く対応している点です。

簡単にコーディングできるモジュラーが用意されている(Fabric API)

開発者目線のポイントになりますが、FabricにはFabric APIというモジュールを用意してくれているためコーディング作業を簡略化できます。

Fabricの詳細情報

制作者Fabric Team
公式サイトhttps://fabricmc.net/
最新バージョン最新版: 0.9.3(Minecraft 1.14 ~ 1.16.3)
マインクラフト
バージョン
1.16.X 1.16 1.16.1 1.16.2 1.16.3
1.15.X 1.15 1.15.1 1.15.2
1.14.X 1.14 1.14.1 1.14.2 1.14.3 1.14.4
※Minecraft 1.14以降のMODのため、1.14以前はありません。
色ごとのバージョン: 対応 非対応
※2020年9月14日時点の情報です。

Fabricの導入方法

導入方法の対応バージョンMinecraft 1.14以降
解説で使用しているバージョン0.9.3 (Minecraft 1.16.3)

WindowsとmacOSで手順が若干異なるため別々に解説していきます(以下のボタンから移動できます)

Windowsの場合

Fabricの公式サイトからダウンロード

まず、下記リンクから公式サイトのダウンロードページへ移動します。

use

The home of the Fabric mod development toolchain.
Fabric
InternetExplorerは使わないようにしよう!

InternetExplorerでアクセスすると正常にコンテンツが表示されない場合が多々あります。

IEをサポートするサイトは減りつつあるため、後継ブラウザであるMicrosoft EdgeGoogle Chromeなどのモダンブラウザを使うようにしましょう。

ダウンロードページへ移動すると「Download installer (Windows/.EXE)」と書かれたボタンがあるのでそれをクリックすると、Fabricのインストーラーがダウンロードされます。

なお、インストーラーのバージョンを変更したい場合は「Show other versions」をクリックしバージョンを選択してからダウンロードボタンをクリックしてください。

通常はインストーラーのバージョンを変更する必要はありませんが、最新バージョンのインストーラーをダウンロードすると、まれにセキュリティソフトがウイルスと勘違いすることがあるのでその場合は一つ前のバージョンのインストーラーをダウンロードしてみてください。

Fabricのインストール

先ほどダウンロードしたインストーラーを開きます。

今回はインストーラーのバージョン0.6.1.51をダウンロードしたので、ファイル名が「fabric-installer-0.6.1.51(.exe)」となっている実行ファイルを開きます(末尾の.exeはエクスプローラーで非表示に設定していると表示されません)。

「Fabric セットアッププログラム」が起動するので、一つずつ項目を確認していきます。

まずは「Minecraft Version画像①」からです。

ここではFabricをインストールしたいマインクラフトのバージョンを選択します。スナップショット版をインストールする場合は、右側にある「スナップショット版を表示」にチェックを入れることでスナップショットのバージョンを選択できるようになります。

次に「ローダーバージョン(画像②)」です。

ここでFabric(ローダー)のバージョンを選択します。デフォルトで最新版が選択されているので基本はそのままでOKですが、導入したいMOD側で指定されたバージョンを使う必要があれば変更してください。

次に「インストール先(画像③)」です。

こちらも基本そのままでOKです。デフォルトの場所とは違った場所にマインクラフト本体を置いている場合は変更してください。

最後に「構成を作成(画像④)」です。

これにチェックを入れておくと、マインクラフトランチャーにFabricが適用された起動構成を自動で作成してくれます。手動で作成したいときはチェックを外しておきましょう。

これでインストールの設定は完了です。一番下の「インストール」ボタンをクリックするとインストールが開始します。

正常にインストールされました」と表示されたらインストール完了です。「OK」をクリックしてインストーラを終了します。

以上でインストールは完了です。お疲れ様でした!

macOSの場合

Fabricの公式サイトからダウンロード

まず、下記リンクから公式サイトのダウンロードページへ移動します。

use

The home of the Fabric mod development toolchain.
Fabric

ダウンロードページへ移動すると「Download installer (Universal/.JAR)」と書かれたボタンがあるのでそれをクリックすると、Fabricのインストーラーがダウンロードされます。

なお、ダウンロードボタンの上に表示されているインストーラーのバージョンを変更したい場合は「Show other versions」をクリックしバージョンを選択してからダウンロードボタンをクリックしてください。

通常はインストーラーのバージョンを変更する必要はありませんが、まれに最新バージョンのインストーラーをダウンロードするとセキュリティソフトがウイルスと勘違いすることがあるので、その場合は一つ前のバージョンのインストーラーをダウンロードしてみてください。

Fabricのインストール

先ほどダウンロードしたインストーラーを開きます。

今回はインストーラーのバージョン0.6.1.51をダウンロードしたので、ファイル名が「fabric-installer-0.6.1.51.jar」となっているjarファイルを開きます。

インストーラーを開こうとしたとき、上記画像のような警告が表示され開くことができない場合の対処法です。

まず、macOSのシステム環境設定を開き、「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

一般タブの一番下にある「ダウンロードしたアプリケーションの許可」に「fabric-installer-0.6.1.51.jar”は開発元を確認できないため、使用がブロックされました」(赤文字はファイル名)と表示されている部分があると思います。その横にある「このまま開く」ボタンをクリックします。

「開いてもよろしいですか?」といった警告が表示されるので「開く」をクリックすることでインストーラーが起動します。

「Fabric セットアッププログラム」が起動するので、一つずつ項目を確認していきます。

まずは「Minecraft Version画像①」からです。

ここではFabricをインストールしたいマインクラフトのバージョンを選択します。スナップショット版をインストールする場合は、右側にある「スナップショット版を表示」にチェックを入れることでスナップショットのバージョンを選択できるようになります。

次に「ローダーバージョン(画像②)」です。

ここでFabric(ローダー)のバージョンを選択します。デフォルトで最新版が選択されているので基本はそのままでOKですが、導入したいMOD側で指定されたバージョンを使う必要があれば変更してください。

次に「インストール先」(画像③)です。

こちらも基本そのままでOKです。デフォルトの場所とは違った場所にマインクラフト本体を置いている場合は変更してください。

最後に「構成を作成」(画像④)です。

これにチェックを入れておくと、マインクラフトランチャーにFabricが適用された起動構成を自動で作成してくれます。手動で作成したいときはチェックを外しておきましょう。

これでインストールの設定は完了です。一番下の「インストール」ボタンをクリックするとインストールがはじまります。

正常にインストールされました」と表示されたらインストール完了です。「OK」をクリックしてインストーラを終了します。

以上でインストールは完了です。お疲れ様でした!

MultiMCの場合

MultiMCにFabricをインストールする方法を解説していきます。

画像はWindows版のMultiMCですが、手順やクリックする場所はmacOSとWindowsどちらも同じです。

まずMultiMCを起動し、左上にある「インスタンスの追加」をクリックしてインスタンスを作成します。

新規インスタンスのウィンドウが開いたら、名前の入力とMinecraftのバージョンを選択します。

名前はMultiMCのインスタンス一覧に表示されるので、「Fabric 1.16.3」などのわかりやすい名前をつけておくのがおすすめです。グループは未記入のままでも作成できますが、インスタンス一覧でグループ分けする場合は既存のグループ名を選択するか新しいグループ名を記入します。

次に「バニラ」の項目でMinecraftのバージョンを選択します。最新バージョンにインストールするのであればそのままでOKです。変更する際の注意点ですが、Fabricは1.14以降のみ対応しているためそれ以前のバージョンにインストールすることはできません。

最後に「OK」をクリックすることでインスタンスが作成されます。

次に、インスタンスを編集してFabricをインストールします。

先ほど作成したインスタンスを右クリックで表示されるコンテキストメニューから「インスタンスの編集」をクリックします。もしくは、作成したインスタンスを選択した状態(選択されているインスタンスは名前の背景が青色になっている)で右側のメニューにある「インスタンスの編集」をクリックでもOKです。

インスタンスのコンソールウィンドウが開くので、右側にあるメニューから「Fabricをインストール」をクリックします。

Fabricのバージョンを選択するウィンドウが表示されるので、基本はそのままの最新バージョンで「OK」をクリックします。

まれにFabricが前提ModになっているModで特定のバージョンのFabricに入れるよう記載されていることがあります。その場合は記載されているFabricバージョンを選択してから「OK」をクリックしましょう。

コンソールウィンドウのバージョン一覧に「Fabric Loader」が追加されていればインストール完了です。

以上でインストールは完了です。お疲れさまでした!

Fabric対応のおすすめMOD

Fabricには既にたくさんのMODが配布されています。

CurseForge(英語サイト)では250以上のFabric系MODが公開されており、その中で筆者がおすすめするMODをいくつかご紹介します。

Fabric - Mods - Minecraft - CurseForge

CurseForge

多機能なミニマップ「VoxelMap」

MamiyaOtaru氏の多機能ミニマップMODです。Forgeにも対応。

Mobのいる場所がマーカーになって表示れるだけでなく、マーカーがMobの顔になっているので何がいるかがわかりやすいです。友好・中立的なMobだけでなく敵対Mobも表示されるのでとても便利です。

また、Mobごとにマーカーの表示・非表示設定ができるため、特定のMobを探したいときに便利です。

それ以外にも、全画面マップやウェイポイント(ワールド上にマーカーを立てる)などミニマップ以外にもたくさんの機能が備わっています。

必須の軽量化MOD「OptiFine(+OptiFabric)」

sp614x氏の軽量化MODです。MODを入れたら必須と言える有名なMODですが、Forgeでしか動作しません。

しかし、Modmuss50氏とChocohead氏が公開しているOptiFabricをOptiFineと一緒にmodsフォルダに入れることで、FabricでOptiFineを動作させることができます。

OptiFineの導入方法や設定は以下の記事で解説ていますのでぜひご覧下さい。

【マイクラ1.16.5対応】定番の軽量化MOD!「OptiFine」の導入方法と設定解説

モンスターの湧く場所を可視化「Light Overlay」

shedaniel氏の敵Mobのスポーン判定を可視化するMODです。Forgeにも対応。

マーカーが表示されているブロックの上はモンスターが湧くブロックということがわかるようになります。

トラップタワーの湧き効率を上げたいときや夜の危険を最小限にしたい時など、徹底的に湧き潰しをしたい方におすすめ。

ForgeではSpawnCheckerが有名ですがFabricに対応していないため、FabricでもこういったMODを使いたいときはこのMODが代替になります。

階段やハーフブロックに座ることができる「Sit」

bl4ckscor3氏の階段ブロックやハーフブロックの上に座ることができるMODです。Forge版もあります。

マインクラフトサーバーBukkitにも階段やハーフブロックに座ることができるプラグインがあるんですが、このMODならシングルプレイでも座ることができます。

最後に

Fabricの導入方法とおすすめのMODを4つ紹介していきました。

Fabricは1.14からの新しい前提MODですが、対応しているMODが増えています。今後もさらに増えていくと思いますのでこれからに期待です。

それでは、良きマイクラライフを!


もしよろしければアンケートにご協力いただければ幸いです!
※わからない点などのご質問はアンケートではなくコメントにてお願いします。

    この記事はわかりやすかったですか?*

    マイクラの経験はどのくらいですか?*

    ※わからない点などのご質問はこのアンケートではなくコメントの方にお願いします。

    ※いただいたアンケート内容は公開されません。執筆の参考にさせていただきます。

    よかったらシェアよろしくです!

    2件のコメント

    Microsoft edgeのことをMinecraftにつられて
    Minecraft edgeになってるのちょっとだけかわいい()

    反映&返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
    恥ずかしいスペルミスをしてました…ご報告ありがとうございます!

    コメントを残す

    コメントは管理者により承認されてから公開されます。
    コメントシステムの仕様上、投稿したコメントに返信があった場合通知メールは送信されませんのでご注意ください。