大容量の20000mAh!ケーブル一本で充電・給電できるPAVPowerモバイルバッテリー

RAVPowerのモバイルバッテリーRP-PB172を購入しましたので、簡単にレビューしてみたいと思います。

RP-PB172の外観

付属品は本体と充電用のケーブル(USB ⇔ MicroUSB)、ユーザーガイドとシンプルな内容になっています。ポーチは付いていません。

外観はこんな感じです。上面が一部光沢ですが側面や底面は非光沢なので、指紋が目立ちにくくていいですね。

上面はこのようにザラザラとした質感になっています。

RP-PB172の特徴

多彩な入出力に対応

この商品の一番いいところ

RP-PB172には入力にMicroUSB、Lightning、Type-Cに対応していて、出力はType-CとUSB(QuickCharge、iSmart)に対応しています。

これの何がいいって、ケーブル一本で済むってことです。

例えばiPhoneの場合、モバイルバッテリーの充電用にMicroUSBケーブルと、スマホの充電用にLightningケーブル、別々のケーブルが必要になりますよね。

ですがこのモバイルバッテリーにはLightning入力がついているため、Lightningケーブル一本でモバイルバッテリーにも充電が可能なんです。

また、USBの左側(緑色)はQC(QuickCharge)に対応、右側は接続した機器に適した電流を出力するRAVPowerのiSmartテクノロジーが搭載されています。

大容量の20000mAh

バッテリー容量は20000mAhと大容量で、iPhone XS Maxなら3.8回iPad Proなら1.5回分充電することができます。

また、大容量ながら重さは420gと500mlのペットボトル(500g)より軽いです。

シンプルで見やすい残量表示

本体の電源ボタンを押すと、光沢部分に残量が「○○%」と表示されます。シンプルイズベスト。

モバイルバッテリーの充電中は残量値が点滅します。

できることとできないこと

Switchの充電もできる

amazonの商品ページにNintendo Switchの記載はありませんでしたが、もちろん充電できます

実際に充電しながらスマブラをプレイしてみたところ、ちゃんとSwitch本体の残量が上がっていました。

MacBook Proには給電程度

このモバイルバッテリーは最大出力18WなのでMacBook Proのような消費電力の大きい機器を充電するのには向いていません

MacBookProに繋いだらバッテリーアイコンが”給電”のマークに。

MacBookProで実際に試してみましたが、案の定給電状態になりました。給電とは、供給電力より消費電力の方が大きい状態のことです。

MacBook Proも充電できるモバイルバッテリーといえば、有名なところでRAVPower Type-C 26800mAhがあります。もしMacBook Proも充電したいというのであればそちらがおすすめです。

まとめ

性能と便利さを両立させた、弱点と言ったらMacBook Proが充電できないことぐらいで非の打ち所がないモバイルバッテリーです。

これがあれば外出先で電池残量を気にする必要はなくなりますね。

2019年9月7日時点の価格は4,599円。クーポンが配布されていることがあるので、そのときに購入するとお得です。

よかったらシェアよろしくです!

コメントを残す

コメントは管理者により承認されてから公開されます。
コメントシステムの仕様上、投稿したコメントに返信があった場合通知メールは送信されませんのでご注意ください。